初心者でもわかる現代アートに投資するメリットと売買方法5選

投資といえば、株式やFXなどが有名ですよね。そんな中で芸術、特に現代アートはなかなか投資の観点で見ることは少ないかもしれません。

しかし、今や現代アートへの投資もマイナーなだけで十分に利益が見込める分野となっています。

今回は

・現代アートの投資のメリット
・現代アートの買い方
・有名なコンテンポラリーアーティスト

についてご説明していきます。

 現代アートとは?

現代アートとは20世紀以降もしくは第2次世界大戦以降の美術のことを指します。また、一般的には現代社会に対しての風刺や問題提起などなんらかのメッセージ性を持った現代の前衛的な美術を指します。

 現代アートの投資のメリット

売却までの間鑑賞できる

売却するまでの間自分のものとして楽しめることが、美術品投資の良さですね。作品を自分の部屋に置きたいかどうかで選んでみるのも良いでしょう。

 アーティストを自分が育てられる

作品を購入することで、そのアーティストの活動を応援することができます。

すでに人気なアーティストの作品を高値で購入するのもいいですが、青田買いをし、今後のアーティストの成長を追うことも、現代アートを購入する際の醍醐味の一つです。

中長期的に見て利益が見込める

美術品投資の特徴として即金性がないことが挙げられます。また、株などに比べて日々の価格の変動というものはあまりありません。

しかし、アーティストの知名度が急激に上がるなどの理由により、数年で価値が数倍になるということが起こり得るのも美術品投資の特徴です。気長に投資をしたい人におすすめです。

 経済状況などの影響を受けにくい

株やFXなどはコロナなど世界情勢の影響を受けやすい投機物になっています。それに比べ美術品は経済状況などの影響は受けにくいため、その意味ではリスクの低い投機物と言えます。

現代アートの買い方・売り方

オークション

オークションで売りにだすと、相場に関係なくその場にいる人がどれだけの価値を見出すかによって値段が変動します。リスクはありますが、ハイリターンを期待するならオークションにかけてみるのも一つの手でしょう。

オークションにはインターネット上で行われるものと、会場に人が集まって競売を行うものの2種類あります。インターネットーオークションの場合は手軽さがメリットになります。しかし、実際に人が足を運ぶオークションの方が実際に参加者が作品を見ることができるので、美術品を売るという目的には適しているかもしれません。

ギャラリー

ギャラリー(画廊)でも美術品を売買することができます。ギャラリーにはお抱えのアーティストがいて、そのアーティストの作品が展示されているので、数名のアーティストの作品をまとまった数見ることができます。

 NFTマーケットプレイス

一口に現代アートと言っても形はそれぞれです。NFTマーケットプレイスではNFT化された現代アートを購入することが可能です。NFTマーケットプレイスは24時間365日いつでもインターネット上でアートを購入することが可能で、敷居が低いアートの購入方法と言えます。

NFTについて詳しく知りたい方にはこちらの記事がおすすめです。

nft

【初心者向け】NFTとは結局何?なぜ価値がある?特徴や課題を徹底解説

2021年7月23日

 アートフェア

少数の作家の作品をじっくりと見ることができるギャラリーはいろいろな場所にあり、気軽に訪れることができます。一方、アートフェアは日本国内でも年に数回しか行われませんが、その分規模が大きいのが特徴です。

沢山のアーティストの作品を一度に見ることができるので有料イベントですが、多くの人が訪れます。

アート共同保有プラットフォーム

現在ではアートを複数人で共同保有できるサービスも登場しました。共同保有者は観賞会やクローズイベントへの参加権を行使することができます。複数人で保有しているため、自分の家に持ち帰るなどということはできませんが、その分保管の手間が省け、少ない費用で絵のオーナーになることが可能になります。

参考

有名なコンテンポラリーアーティスト

 奈良美智

出典

こちらを睨みつけるような表情をした女の子の作品で有名アーティストです。絵や名前だけなら目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

ニューヨーク近代美術館やロサンゼルス現代美術館で作品が展示されているほど世界的に評価の高いアーティストです。最近だと「STARS展:現代美術にスターたちー日本から世界へ」という世界的に有名な日本の現代アーティストが集められた展示にも出品されていました。

 チームラボ

出典
チームラボに「写真映え」するデートスポットという印象を持っている方多くありませんか?

実はチームラボは最新テクノロジーを駆使した現代アートの一つです。チームラボは残念ながら投資の対象とはなりませんが、人気な現代アートとして知っていて損はないでしょう。

 村上隆

出典

村上隆のモチーフとして「お花」が有名です。日本の現代アートの第一人者とも言えます。村上隆は24時間テレビのチャリティーTシャツを手がけていたこともあって一般にも有名ではないでしょうか。ルイ・ヴィトンとのコラボや日本のオタク文化、サブカルチャーを感じさせる作品など幅広い活躍する村上隆の芸術は様々な層にファンがいます。

 草間彌生

出典

幼少期から幻覚や幻聴に悩まされていた。幻聴や幻覚の内容をモチーフとして描いたドット柄を基調とした作品が有名です。小説の執筆も行うなど多岐にわたる活動をしています。

李禹煥

出典

「関係項」というテーマに沿った抽象的な作品で日本でも人気なアーティストです。日本と韓国や人工物と天然物など対立するものの間でメッセージ性に富んだ作品が注目されています。

 バンクシー

出典

イギリスを拠点としているとされている世界的な匿名アーティストです。反戦など社会的なテーマのあるストリートや壁に描かれた作品は定期的に展示が開かれるほど人気です。

2020年に描いたコロナウイルスと戦う医療従事者をテーマとした作品はオークションは2021年に25億円の値がついた。

 宮島達夫

出典

LEDのデジタルカウンターを使った作品で世界的に評価を受けています。数字が繰り返されることで「生」と「死」の循環をイメージさせるデジタルカウンターの作品が有名です。

まとめ

現代アートの投資のメリットは以下のようなものがあります。

現代アート投資のメリット
・売却までの間鑑賞できる
・アーティストを応援できる
・中長期的に見て利益が見込める
・経済状況などの影響を受けにくい

また、現代アートの買い方・売り方の選択肢は以下のようにまとめられます。

現代アートの売買方法
・オークション
・ギャラリー
・NFTマーケットプレイス
・アートフェア
・アート共同購入プラットフォーム

現代アートの投資メリット・購入方法は以上になっています。

アート購入は意外と敷居の低いことが分かりますね。美術品投資についてはこちらの記事にもまとめてあるので是非見てみてください。

【初心者向け】美術品投資のメリット・デメリット・売買方法まで徹底解説!

2021年8月18日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA