【話題のNFTで稼ぐには?】NFTの投資方法・メリットやデメリットについて徹底解説 

NFTへの投資に興味ある方は多いはずです。しかし、言葉ではよく耳にしていても実際のところ、よくわからない技術だと感じている方も多いハズ。

そこで今回は

・NFTにどのような価値があるのか

・どのように投資すればいいのか

について解説していきます。

NFTへの理解を深めて、ぜひNFT投資にチャレンジしてみましょう。

 

NFTとは

NFTとは

NFTはノン・ファンジブル・トークンの略です。仮想通貨の基盤となっているブロックチェーンの技術を用いて、唯一無二であることが担保されたのデータのことを指します。通常、画像や音楽などの電子データではデータ同士を区別することが困難です。

例えばA.mp3というファイルをコピーして作ったB.mp3というファイルがあったとすると、普通の人はAとBを同じものだと考えますよね。

しかし、NFTの場合はそれぞれのトークンが区別されています。同じブロックチェーン上のデータであっても、一組として同じトークンはありません。またトークンをコピーして増やすことも不可能です

これが、NFTがアート作品などの所有者情報の証明として活用されている理由です。

nft

【初心者向け】NFTとは結局何?なぜ価値がある?特徴や課題を徹底解説

2021年7月23日

NFTのメリット


唯一無二性

仮想通貨では自分の持っているコインと他人の持っているコインは全く同じものです。

言い換えると、Aさんの持っている仮想通貨とBさんの持っている仮想通貨は全く同じ価値があります。

しかし、NFTの場合は話が違います。

先述の通り特定のNFT は この世に一つしか存在できません。トークンをコピーして増やすことも不可能です

ゴッホのひまわりのように同じものが2つと存在しません。これが価値の根拠になっています。

 

 保管が簡単

ブロックチェーン上で所有者や作成日、取引履歴が必ず記録されるため、NFTを所有しているウォレットのキーが流出しない限り他人に盗まれることはありません。

また、美術品などのモノとは違い場所をとって保存する必要性がなく、ブロックチェーン上に保管されているので、紛失や破損の危険性がありません。

 

偽造不可能

繰り返しになりますが、NFTというのは代替不可能な唯一無二のデータです。一点ものなのは美術品と同じですが、美術品とは違い偽物が出回るということがありません。というのも、NFTの場合、生成された瞬間からブロックチェーン上に組み込まれ、取引履歴や所有者などが記録されます。ブロックチェーンシステム自体が健全に機能している限りNFTの偽造は不可能と言えます。

 

 多種多様なプラットフォームで転売できる

 

購入したNFTは、自分のウォレットに紐付けられています。したがって、必ずしもその  NFTを購入したマーケットプレイスで転売する必要はありません。ユーザー数や手数料などを考慮して、より条件の良いマーケットプレイスで転売することが可能です。

将来性がある

現在、ゲームアイテムやNFTアートが億単位の値段で取引されることもあるほど注目されています。それに伴い、NCOMIXやnanakusaなど新しいマーケットプレイスが次々とローンチされ、新たなブロックチェーンゲームも続々と誕生しています。

 

 NFTのデメリット

手に取ることはできない

従来の美術品とは違いNFTはあくまでもデータです。たとえNFTアートやNFTと紐付けられたゲームのアイテムを買ったとしても、実際に家に飾っておくことはできません。

 

法規制が未整備

現在NFT(ノン・ファンジブル・トークン)と仮想通貨などのファンジブル・トークン(代替可能なトークン)の差別化は法律上図られていません。また、ゲームアイテム売買の一つの形式であるNFTガチャなどが賭博とみなされるのかについても議論されています。これらの点においてこれから法整備が進められた結果、現在よりも規制が厳しくなり転売が出来なくなったりNFTの価格が下がったりするリスクがあります。

 

流動性の保証はない

NFT史上最高値で売買されたのはBeepleの作品で75億円という高値で取引されました。このようにNFTは高値で取引されますが、このような値段がつけられることを疑問視する声も上がっています。というのも、

NFTへの関心が世界中から集まっている現在だから異様に高値がついているだけであって、本来NFT自体にここまでの需要がないのではないか

という見方もあるのです。つまりNFTは今は高値で取引されていますが、今後衰退しない保証はないということです

 

高額なGAS代

NFTの欠点としてどんな小額の取引にでも毎回一定のGAS代(送金手数料)がかかるということが挙げられます。現在は、polygonなどガス代を安く抑えるためのサービスが展開され始めています。しかし、このようなサービスを導入しているマーケットプレイスはまだ少ないと言うのが現状です。

 

どんなものがNFTになるのか

NFT自体は唯一無二のトークンですが、そのNFTが証明書の役割を果たし色々なデータ(画像や音楽など)に紐付けられることで市場に出回っているようなNFTが完成します。NFTを紐付けられるデジタルデータなら全てNFT、もしくはNFTアートになり得ます。

例えば、TwitterCEOのジャック・ドーシーの「just setting up my twttr」というツイートがNFT化され高額で売買されて話題になりました。またRPGゲームやサッカーゲームのアイテムもNFT化され、マーケットプレイスで売買されています。この買ったゲームアイテムは実際に自分がゲームをする際に使うことができます。

 

 NFTの投資のやり方

 既存のNFTを転売する方法

一番簡単にNFTに投資したい場合は、既存のNFTを転売するのがおすすめです。
NFTはNFTマーケットプレイスで売買されます。NFTマーケットプレイスというのはNFTの販売サイトのことです。

例えば、弊社が運営するNCOMIXやOpen Seaがマーケットプレイスの例として挙げられます。
購入したいNFTが出品されているマーケットプレイスに行き、NFTを購入すると取引が成立すればあなたがそのNFTの所有者になります。

そして自分が買った値段と手数料の分を考えて価格設定をし、NFTを売り出したのちそのNFTが売れれば、その差額があなたの儲けとなります。

NFTの売買は、下記記事で紹介しているような専用マーケットプレイスで行うのが一般的です。

NFTで自分のアート作品を販売可能なサービス13選【初心者クリエイター向け】

2021年6月25日

 

 ブロックチェーンゲームで稼ぐのもアリ

 

ブロックチェーンゲームとは?

NFTの転売よりは難易度が高いのですが、ゲームが得意な人におすすめなのがブロックチェーンゲームで稼ぐということです。ブロックチェーンゲームとはその名の通りブロックチェーンの技術を利用したゲームです。

ブロックチェーンゲームではプレイング自体は従来のゲームと変わらずにRPGやサッカーなどが楽しめます。
違いは主にアイテムにあります。
従来のゲームでは入手したアイテムを取引することも、換金することも基本的に禁止されていました。

しかし、ブロックチェーンゲームではゲーム中のアイテムやキャラクターがNFTとして存在しています。
従って、入手したアイテムやキャラクターを他人にNFTとして売ったり、自分がプレイしている別のゲームに送ることが可能です(タイトルが異なってもやりとりが可能です)。
中には高値で取引されるレアなアイテムもあるようなので、十分と投資として成り立つでしょう。

大手暗号資産取引所、つまり大手の仮想通貨を取引する銀行であるコインチェックからNFTを売買するNFTマーケットプレイスがリリースされました。対象となっているブロックチェーンゲームは「CryptoSpells」と「The Sandbox」です。

 

有名ブロックチェーンゲーム

クロスリンク

クロスリンクは放置系ゲームとGPSを組み合わせた新感覚ゲームです。ゲーム内でヒーローと敵を戦わせることでコインが手に入ります。しかし、放置をしているだけでコインが貯まるというのは他のゲームとは一線を画します。

リンク:https://magiclandproject.com/

 

CRYPTO SPELLS

自分オリジナルなカードも作ることができるトレーディングカードゲームです。プレイするだけなら、仮想通貨やウォレットの用意がなくてもできるので、ぜひブロックチェーンゲームがどのような雰囲気か知りたい方はプレイしてみてください。

リンク:https://cryptospells.jp/

マイクリプトサーガ

対戦型のポーカーゲームです。こちらのゲームではNFTを使う際の懸念点として挙げられたガス代が大変安く抑えられています。というのもPolygonというサイドチェーンにある技術を用いガス代を抑えた上で高いセキュリティを確保しています。

リンク:https://www.mycryptosaga.net/ja

 

My Crypto Heroes

歴史上の偉人である織田信長や、ジャンヌダルクを集めて島を制覇することが目的のゲームです。レアキャラクターが多く、高値で販売された実績もあるので、投資としても優秀です。

リンク:https://www.mycryptoheroes.net/ja

 

 

 自分でNFTを作って売り出す方法

この方法が一番難易度が高いかもしれませんがNFTを自分で作って売るという方法もあります。この場合、元手としてかかるのはお金というより自分の労力なので、制作スキルがある方には一番リスクがない方法だとも言えます。

 

前にゲームのアイテムをプレイして入手し、転売することで利益を得る方法について説明しましたが、それはあくまで他人の作ったゲームのアイテムを自分が入手し転売する方法です。ゲームを1から作った場合、自分でNFTを作ったことになりますが、一般的にNFTを自分で作るのなら、音源や画像、動画などアートに紐付けたNFTを作るが一般的でしょう。

 

主要なNFTマーケットプレイス

NCOMIX

有名な漫画家・イラストレーターが創作したアート作品に紐付いたNFTをオークション形式で購入可能な弊社が運営するマーケットプレイスです。制作過程の動画をユーザーが見ることができることも特徴です。浜田ブリトニーさんが10分で描いた作品が48万円で落札され注目を集めました。

リンク:https://ncomix.io/

 

Open Sea

最大手のNFTマーケットプレイスです。出品数やアーティスト数も多いのが特徴です。日本のアーティストでは、村上隆さんが出品したことでも有名です。

リンク:Open Seaを見てみる

NFTで自分のアート作品を販売可能なサービス13選【初心者クリエイター向け】

2021年6月25日

【日本発NFTマーケットプレイス】『nanakusa』って何? 今注目の『nanakusa』の特徴・使い方を徹底解説

2021年6月19日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA