NFT取引で出てくるWETHとは何?ETHとWETHの違いを徹底解説

NFTを購入したり、出品する場面でWETHという通貨を目にします。
例えばOpenSeaでNFTを出品したことがある方なら、決済通貨の選択肢にETHとWETHが出てきて戸惑ったことがあるかもしれません。
NFTの売買をするからには、知識不足が原因の思わぬ損をしたくないですよね。WETHとETHの違いを理解し、適切に使い分けましょう。

この記事を読むとわかること
・WETHとは何か
・ETHとWETHの違い
・WETHのメリット

 WETHとは

WETHとはWrapped ETH(Ether)の略称で、その名の通りイーサリアムブロックチェーン上でラップされたイーサリアムという意味です。ラップするというのは、イーサリアムブロックチェーン上でメインとして使われている仮想通貨のETHをERC-20という規格に対応した形にすることを指します。

後述するように、ETHをラップされたWETHに変換すると様々なメリットがあります。

OpenSeaではコレクション作成時に決済通貨を選択する

この記事を読んでいる人の中にはOpenSeaを利用する際にWETHという言葉を初めて目にした方もいるのではないでしょうか。OpenSeaはイーサリアムネットワークとPolygonネットワークに対応しているので、NFTをWETHで売買することが可能です。したがって、OpenSeaではWETHとETHで売られているNFTが存在します。

出品する際にはCreateから商品を出品する時とコレクションを作成する時に決済通貨を選択することができます。商品を出品する際に事前に作っておいたコレクションの中に入れる際は、そのコレクションで設定した決済通貨で売り出されるので注意してください。

出品を考えている場合はどちらの通貨で売りに出すのかも検討しておきましょう。

WETHとETHの交換レート

WETHがETHの規格変更のためにラップされたものであると先述しました。WETHからETHへの変換はスマートコントラクトによって自動で行われ、レートも変わりません。つまり1ETH=1WETHというように全く同じ価値で交換されます。

WETHのメリット

NFT取引においては、OpenSeaでのオークションに参加出来るというメリットがあります。OpensSeaのオークションには仕様上、WETHでしか参加できません。

また、WETHはERC-20に対応しているため、イーサリアムブロックチェーンで問題視されているGAS代の減額や情報処理の速度の高速化を図ることができます。

WETHのデメリット

WETH自体のGAS代は安いのですが、ETHをWETHに変換するためにGAS代と手数料がかかります。手数料はサイトによって異なりますが、主要なサイトであるUniswapは0.3%、PancakeSwapは0.2%となっています。ETHのトランザクションを挟むので、GAS代もかかります。こちらのGAS代は時価となっています。

ETHとWETHの変換方法

まず、前提としてWETHはETHと交換することでしか入手できません。通常仮想通貨は暗号資産取引所や暗号資産販売所で現金と交換できます。しかし、WETHは前述した通り、ETHをERC-20という企画に対応させるためのソリューションなので、ETHと交換する必要があります。




ETHをWETHに変換するためにはSwapと呼ばれる動作を踏む必要があります。Swapとは通貨同士を交換することです。Swapをするためには「UniSwap」、「PancakeSwap」、「SuShiSwap」などの分散型取引所(DEX)を利用する必要があります。これらのサイトに自分のウォレットを接続すると簡単にSwapができます。

WETHをETHに変換する場合も同じようにSwapすればOKです。

 まとめ

今回のまとめです。

まとめ
・WETHは用途によってETHの規格を変更させた通貨
・WETHとETHの価値は変わらない
・WETHへの変換時に手数料がかかってしまう
・WETHはGAS代が少ない

ETHやWETHでNFTが購入できるOpenSeaの詳しい説明についてはこちらの記事に書いてあるので是非チェックしてみてください。

opensea_logo

OpenSeaのアカウント登録・NFTの購入・出品・販売方法を徹底解説【2021年11月最新版】

2021年7月15日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA