NFTやDeFi用と暗号資産購入向けのブロックチェーンウォレットの種類と選び方

暗号資産やNFTはウォレットがないと、取引することも保持することもできません
ウォレットは暗号資産の取引をする上で必ず必要になってくるものです。


この記事では

・ビットコインなどの暗号資産を安全に保有したい人

・NFTやDeFi等の取引にオススメのウォレットを検討している人

に向けて、オススメのウォレットを紹介していきます。

この記事を読めば

・そもそもブロックチェーン関連資産におけるウォレットの役割はどういうものか

・初心者でも使いやすいウォレットは何なのか?

が分かります。

 

ブロックチェーンウォレットとは?

結論から言うと、ブロックチェーンウォレットは言葉通り、ただの財布だと認識してもらえれば十分です。
財布のように、保有する資産(BTCなど)を管理したり、支払いや受け取りが出来ます。

ビットコインを例にして説明します。

ビットコインの残高確認の仕組み場合

ビットコインでは、UTXO(Unspent Transaction Output)という仕組みで個々人の暗号資産取引を管理しています。実はビットコインのブロックチェーンでは、個々のアドレスの残高は直接記録されていません。
記録されているのは、平たく言うと「各取引時に誰が誰にいくら送金したのか」という情報だけです。

この取引データを集めて計算することで、個々のアカウントの残高を明らかにするのがウォレットの一つの役割です。

厳密に言うと、ビットコインのブロックチェーンに記録されているのは、UTXOと呼ばれるデータです。UTXOはあるアカウントに送金されたまま、まだ他のアカウントに移されていないBTCの数量を指します。


まとめると、

ビットコイン自体にはコイン残高という概念は存在せず、私達はウォレットを使うことで初めて自分がいくらのビットコインを保有しているのかを把握できる

ということですね。

[参考]
https://river.com/learn/terms/u/unspent-transaction-output-utxo/
https://gaiax-blockchain.com/utxo

 

ウォレットの機能

 

ここでは、ウォレットの機能としてどんなものがあるかいくつか紹介します。

紹介するもののうち、一部だけ実装されているウォレットもあれば、全て実装されているものもあります。

ウォレットの主な機能

  • 暗号資産の送金
  • 暗号資産の受け取り
  • 2段階認証
  • TORブロック
  • ウォレットのインポート機能

暗号資産の送金・受け取り」は文字通り、暗号資産をユーザー間で送ったり受け取ったりするという、ただそれだけの機能です。

・2段階認証

2段階認証は、パスワードだけではなくもう一つワンタイム(一度限り)のパスワードを発行してもらい、認証をするというものです。
専用の端末やメール、アプリにしかこのパスワードは送られることはないことと、毎回異なるパスワードであることに加えて、誰も発行するまではパスワードがわからないのでセキュリティ意識が高い人はほぼ設定しています。

最近では、Google Authenticatorというアプリで2段階認証を行っているケースが多いです。インストールしていない人はインストールしておきましょう。

・TORブロック

ウォレットの基本的な機能として TORブロック というものがあります。


出展:https://ja.wikipedia.org/wiki/Tor

TORブロックとは何かについて理解するために、まずTORについて説明します。
TOR(トーア、英語:The Onion Router)とは簡単に言えば、接続経路を匿名化するためのソフトウェアです。


この匿名通信技術は、日本でも過去に問題となったことがあります。

2012年、日本各地のコンピューターが遠隔操作され、電子掲示板に殺人予告が投稿されるという事件がおきました(パソコン遠隔操作事件)。誤認逮捕などもありましたが警察は最終的に、片山祐輔容疑者(30歳)を逮捕して起訴しました。この容疑者が行動を匿名化する為に使用していたのがTorです。
詳しく知りたい方は以下リンク先の記事が参考になります。

https://wired.jp/2013/04/22/japan-police-stop-using-tor/



ブロックチェーンのウォレットにおいて、
誰がその通信を行っているのかを推定しづらくされることは問題です。

マネーロンダリングなどの金融犯罪に利用される可能性がありますからね。
TorブロックはTorからのアクセスを拒否設定することができます。
この設定によって
身元がはっきりしない人物の資産へのアクセスできないように出来ます。

・ウォレットのインポート機能

ウォレット(財布)のインポート(読み込み)を行う機能になります。

現在使っているウォレットにビットコイン等の暗号資産が入ったデータを読み込むということがイメージしにくい方は、現在使っている財布に既に持っているお金を追加することなんだと思ってもらえればよいです。

ペーパーウォレットは一度ウォレットアプリにインポートしなければ、取引できないので、この機能が必要です。

また、今使っているウォレットよりも別のウォレットの方が便利だと思ったときにこの機能を使って、ウォレットアドレスを移動させることができます。
通常、ウォレットから別のウォレットに資産を移動させると手数料がかかってしまいます。
が、この方法ならウォレットアドレスから資産は移動していないため、手数料がかかりません。
(ウォレットのインポートの一例 )

取引所アカウントとウォレットの違い

 

メリット デメリット
取引所アカウント ・自分で秘密鍵を管理しない
・取引にかかる時間が短い
・取引所の秘密鍵を盗まれると、資産を失う
ウォレット ・秘密鍵を安全に管理できる ・秘密鍵を忘れると資産が移動できなくなる
・取引に時間がかかる

 

ウォレットと取引所の大きな違いは「秘密鍵を自分と取引所、どちらで管理しているのか」によります。
「秘密鍵」を取引所は取引所が管理して、ウォレットは自分で管理しています。

「秘密鍵」とは51の英数字の組み合わせで表されるパスワードのようなもので、他人に公開してはいけません。秘密鍵をハッキングされると盗難にあう恐れもあるため、秘密鍵の保管は厳重にしなければなりません。

 

取引所では円と暗号資産の取引を毎回ブロックチェーン上に書き込む訳ではありません。
取引所自身で取引データを管理しています。

そのため、時間のかかるビットコインの取引もスムーズに行われています(取引所での取引とビットコイン送金にかかる時間を比較してみるとよくわかります)。

取引所アカウントは取引時間に優位性がある一方、取引所がハッキングされた場合は秘密鍵を盗まれるため、すべての資産が盗まれることになります。

一方で、秘密鍵を自分で管理する場合は他人の巻き添えで資産を盗まれる心配はありません。

が秘密鍵を忘れると資産の移動が一切できない状態になりかねないので注意が必要です(ホリエモンはイーサリアムの秘密鍵を忘れて、取り出せないそうです)。

 

ウォレットの種類

 

ウォレットには「コールドウォレット」「ホットウォレット」の2種類あると紹介されることが多いです。

「コールドウォレット」は、ウォレットアドレスがパソコンやインターネットに接続されていないウォレットのことを言います。

「ホットウォレット」は、暗号資産をインターネットに接続された状態で保管したり、デスクトップやモバイル端末に保管するタイプのブロックチェーンウォレットのことを言います。

ただ、実際にはコールドウォレットかホットウォレットかはっきり区別できないケースも多いです。例えばウェブウォレット(取引所ウォレット)には、取引部分の資産のみホットウォレットで保管し、残りはコールドウォレットにするハイブリッドな管理がされているものもあります。

補足
代表的なハイブリッドなウォレット管理システムを採用している業者としては、

  • Coinchek
  • bitFlyer
  • DMM BitCoin
  • GMOコイン
  • SBI VC Trade
  • Liquid
  • bitbank

などがあります。


あるサイトでは「ホットウォレット」と書かれていて、別のサイトでは「コールドウォレット」と書かれていることがあるのはそういうことです。

 

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは紙で管理するウォレットで、コールドウォレットでの一つです。
そのため、他のどのウォレットよりもセキュリティは高いです(ネットに繋がないので、攻撃対象になりません)。

ただし、管理が面倒である上に、紛失リスクもかなり高いです。
災害時には、紙で管理していることにより、すべて資産を失うことになりかねません。

また、ペーパーウォレットにある資産はウォレットのインポート機能を使い、他のウォレットに移さなければ取引できません。

ペーパーウォレットはすぐに移動する資産部分は、利用しないことになるでしょう。

ですから、紛失リスクや災害時のことを考えると、紙で保管するペーパーウォレットは、銀行の貸金庫に保管しておくのもオススメです(開閉時の手数料は無料のところが多いので、ペーパーウォレットにする資産が多い人は必ず利用しましょう)。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは外部デバイスによって管理するウォレットです。多くの場合、USBメモリのような形状をしています。
パソコンと接続することで暗号資産を管理できます。
通常は、インターネットから切り離された状態であることから、安全に管理することができます。

ハードウェアウォレットの特徴は、以下のようなものです

ハードウェアウォレットの特徴
・ペーパーウォレットのように秘密鍵はオフラインでの管理となる

・ウォレットの内容をバックアップできる

・送金したいときは、ハードウェアウォレットをパソコンと接続するだけでよい

ハードウェアウォレットなら、ペーパーウォレットよりも資金移動がスムーズにできるようになります。
ただ、ウォレットへの送金には手数料が当然かかります。
また取引所で使用する分はハードウェアウォレットに保管するメリットがありません。


さらに、ハードウェアウォレットはまだまだ安いとは言えません。
代表的なものに、
Ledger Nano S(レジャーナノS)



Trezor(トレザー)


値段はどちらも8000円前後しています。最新モデルは15000円前後です。

取引しない暗号資産を大量に保有している方以外は、選択肢からは外れるウォレットになると思います。



ハードウェアウォレットはリカバリーフレーズがあるだけで、同期ができてしまいます。そのため、販売者がリカバリーフレーズを知っていれば、あなたの資産を簡単に盗めてしまいます。
販売者が信頼できる業者かどうかは入念にチェックしましょう。

それから、ウォレットによっては対応していない暗号資産もありますので、購入するハードウェアウォレットに自分が保管する予定の暗号資産が含まれているかよく確認してください。

 

ウェブウォレット(取引所ウォレット)


ウェブウォレットとは、サーバー運営者が提供しているサーバー内で暗号資産を保存するウォレット
のことです。

Coincheckやbitbank等のウォレットがこのウェブウォレット(取引所ウォレット)ということになります。

現在は、初心者の多くが、このウォレットから暗号資産を手にするためのウォレットとして最初に選ぶことになると思います。
インターネットが使えればどこからでも利用できるのはもちろん、暗号資産をトレードする方は必須のウォレットです。

スピーディーに取引を行えるウェブウォレットですが、セキュリティ面に関してはやや難があります。秘密鍵を自分で保有している訳ではないため、取引所側の秘密鍵を盗まれた時に巻き添えで被害を受けます。

ただ、取引所も過去に起きた様々な経験から、全てをホットウォレットにせず、取引に使う部分のみをホットウォレットに置き、残りは全てコールドウォレットにしておくハイブリッドな運用をしているところが多いです。

このため、暗号資産をわざわざペーパーウォレットにしなくても、一部はコールドウォレットに保管してもらえていることになります。

 

デスクトップウォレット


コールドウォレットベースのウォレットです。
パソコン上に暗号資産を保管します。
そのためインターネットと切り離して資産を保管することができます。

デスクトップウォレットは、他のウォレットと比較してより便利に開発されていて、自分にあったウォレットの暗号資産をみつけることができます。
(デスクトップウォレットを検討される方は、このサイトがオススメです。

スマホウォレット(モバイルウォレット)

スマホアプリ化されている暗号資産ウォレットのことを言います。
最近、ほとんどの暗号資産取引所はアプリ版のサービスも用意しています。
なので実質的にはウェブウォレット(取引所ウォレット)が、スマホウォレットの役割ももっていると言えます。

「ビックカメラ」や「メガネスーパー」など、お店での支払いに暗号資産を使う場合はスマホアプリ化されているウォレットは必需品となるでしょう。

 

初心者向けのウォレット

 

結論から言うと、初心者はまずウェブウォレットを作ればよいと思います。


最近の取引所はどこも、スマホアプリを導入していますから、支払い手段としても使えます。

また、秘密鍵を自分で保管するわけではないため、自分で秘密鍵を保存するのが不安な人にはオススメです。
もちろん、信用できる取引所でないと、資産が失われることになりかねません。
が、最近は国内の有名な取引所は信用できるものがほとんどですので、問題ないと思います。


有名どころでは、

・bitbank

・coincheck

・bitflyer

などが挙げられます。

他にもありますが、個人的にはbitbankが最もオススメです。

bitbankなら、取引所の取引手数料はTakerなら発生しますが、Maker手数料なら暗号資産によっては、儲けることもできます。

補足
Maker注文は大部分の指値のような、即座に約定しない注文を指します。
またTaker注文は成行注文のような即座に約定する注文です。

bitbankならPostOnlyを選択することで、Taker注文の発注を防ぐことができます。


NFTやDeFi等によって儲けたい場合

 


NFTやDeFiに参入するときのオススメのウォレットはメタマスクです。

メタマスクがNFTやDeFiに適したウォレットである理由は、多くのNFTやDeFi決済でメタマスクが使える可能性が最も高いからです。

有名なところとしては、

・OpenSea

・Nifty Gateway

・SuperRare

が挙げられます。

イーサリアムネットワーク上での取引が現在のNFTやDeFiでは主流であるため、メタマスクとは相性がいいのです。


メタマスクの作成方法についてはこちら

 

まとめ

まとめ
・ウォレットは、文字通り財布のような機能が備わっている

・初心者には、暗号資産取引所アカウントのウェブウォレットがおすすめ

・NFTやDeFiに参入する場合は、メタマスクを作ることがオススメ

あなたがブロックチェーンの初心者である場合、まずはbitbankの口座を作り、ビットコインもしくはイーサリアムの取引をすることから始めるといいでしょう。

NFTやDeFiに参入していきたい人は、イーサリアムに触れる機会を多くするためにメタマスクを作って、少額のものを取引してみることからやってみてください。

NFTやDeFiは、ハイリスクです。
イーサリアムの仕組み、NFTやDeFiについての理解、市場の把握。
どれか一つでも自信のない人は、あまり高額なものは取引しないようにしておきましょう。
NFTやDeFiについて詳しく知りたい方は下記記事も参考になります。

【話題のNFTで稼ぐには?】NFTの投資方法・メリットやデメリットについて徹底解説 

2021年7月9日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA